鉄橋の下には

e0056401_00555803.jpg

広い砂地があった。
土手の上から見たわんこはもう車に撤収されていた。こっちも柴だった。




e0056401_23590765.jpg
砂地に下りたらさやんは走る気モードになった。
八ヶ岳のわんパラのドッグランでは全然走らなかったのに。。。

向こうに見えるのは122



e0056401_23592121.jpg
河原に下りる前、鉄橋下に茶色いわんこが丸まっていた。
気付いた瞬間 うわっ(@@!って さやんのリードを引き戻したその刹那、頭上をドドドドドーと轟音立てて電車が通過した。びっくりした。
でもそのわんこはぴくっともしないでコンクリートの上でそのまんま。
死んでるようだった。
病気だろか? なんでこんなとこで? 凍死? いや病気だったのかも。 これが自分のわんこだったら・・どうする?
いや!そもそもこんなとこで死なせやしない。。。

即座にいろんなことを 頭の中で言っていた。
なんでかナムアミダブツ ナムアミダブツ って唱えてた。
どうにもできなかったししなかった。
遠巻きに土手を上る時 鉄橋の線路の影の下に茶色い背中を見ただけ。






by kieru74n | 2018-03-18 00:50 | さやんと散歩 | Comments(0)

がはは(笑 ときどき じわっとな


by kieru74n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31